Menu Close

4.5.4. パイプラインのアセンブル

パイプラインは CI/CD フローを表し、実行するタスクによって定義されます。これは、複数のアプリケーションや環境で汎用的かつ再利用可能になるように設計されています。

パイプラインは、from および runAfter パラメーターを使用してタスクが相互に対話する方法および実行順序を指定します。これは workspaces フィールドを使用して、パイプラインの各タスクの実行中に必要な 1 つ以上のボリュームを指定します。

このセクションでは、GitHub からアプリケーションのソースコードを取り、これを OpenShift Container Platform にビルドし、デプロイするパイプラインを作成します。

パイプラインは、バックエンドアプリケーションの vote-api およびフロントエンドアプリケーション vote-ui について以下のタスクを実行します。

  • git-url および git-revision パラメーターを参照して、Git リポジトリーからアプリケーションのソースコードのクローンを作成します。
  • buildah クラスタータスクを使用してコンテナーイメージをビルドします。
  • image パラメーターを参照してイメージを内部イメージレジストリーにプッシュします。
  • apply-manifests および update-deployment タスクを使用して新規イメージを OpenShift Container Platform にデプロイします。

手順

  1. 以下のサンプルのパイプライン YAML ファイルの内容をコピーし、保存します。

    apiVersion: tekton.dev/v1beta1
    kind: Pipeline
    metadata:
      name: build-and-deploy
    spec:
      workspaces:
      - name: shared-workspace
      params:
      - name: deployment-name
        type: string
        description: name of the deployment to be patched
      - name: git-url
        type: string
        description: url of the git repo for the code of deployment
      - name: git-revision
        type: string
        description: revision to be used from repo of the code for deployment
        default: "pipelines-1.7"
      - name: IMAGE
        type: string
        description: image to be built from the code
      tasks:
      - name: fetch-repository
        taskRef:
          name: git-clone
          kind: ClusterTask
        workspaces:
        - name: output
          workspace: shared-workspace
        params:
        - name: url
          value: $(params.git-url)
        - name: subdirectory
          value: ""
        - name: deleteExisting
          value: "true"
        - name: revision
          value: $(params.git-revision)
      - name: build-image
        taskRef:
          name: buildah
          kind: ClusterTask
        params:
        - name: IMAGE
          value: $(params.IMAGE)
        workspaces:
        - name: source
          workspace: shared-workspace
        runAfter:
        - fetch-repository
      - name: apply-manifests
        taskRef:
          name: apply-manifests
        workspaces:
        - name: source
          workspace: shared-workspace
        runAfter:
        - build-image
      - name: update-deployment
        taskRef:
          name: update-deployment
        params:
        - name: deployment
          value: $(params.deployment-name)
        - name: IMAGE
          value: $(params.IMAGE)
        runAfter:
        - apply-manifests

    パイプライン定義は、Git ソースリポジトリーおよびイメージレジストリーの詳細を抽象化します。これらの詳細は、パイプラインのトリガーおよび実行時に params として追加されます。

  2. パイプラインを作成します。

    $ oc create -f <pipeline-yaml-file-name.yaml>

    または、Git リポジトリーから YAML ファイルを直接実行することもできます。

    $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/pipelines-1.7/01_pipeline/04_pipeline.yaml
  3. tkn pipeline list コマンドを使用して、パイプラインがアプリケーションに追加されていることを確認します。

    $ tkn pipeline list

    この出力では、build-and-deploy パイプラインが作成されていることを検証します。

    NAME               AGE            LAST RUN   STARTED   DURATION   STATUS
    build-and-deploy   1 minute ago   ---        ---       ---        ---