Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.8.5.3.4. resolve

表4.10 Pipelines as Code を使用したパイプライン実行の解決および実行

コマンド説明

tkn pac resolve

サービスで Pipelines as Code により所有されているかのようにパイプライン実行を実行します。

tkn pac resolve -f .tekton/pull-request.yaml | oc apply -f -

.tekton/pull-request.yaml のテンプレートを使用するライブのパイプライン実行のステータスを表示します。

ローカルマシンで実行中の Kubernetes インストールと組み合わせて、新しいコミットを生成せずにパイプライン実行を確認できます。

ソースコードリポジトリーからコマンドを実行すると、現在の Git 情報を検出し、現在のリビジョンやブランチなどのパラメーターを自動的に解決しようとします。

tkn pac resolve -f .tekton/pr.yaml -p revision=main -p repo_name=<repository_name>

Git リポジトリーからのデフォルトのパラメーター値をオーバーライドして、パイプライン実行を実行します。

-f オプションはディレクトリーパスを受け入れ、そのディレクトリー内のすべての .yaml または .yml ファイルに tkn pac resolve コマンドを適用することもできます。1 つのコマンドで -f フラグを複数回使用することもできます。

-p オプションを使用してパラメーター値を指定することで、Git リポジトリーから収集したデフォルト情報をオーバーライドできます。たとえば、Git ブランチをリビジョンおよび異なるリポジトリー名として使用できます。