3.2. Windows Machine Config Operator のシークレットの設定

Windows Machine Config Operator (WMCO) を実行するには、プライベートキーを含む WMCO namespace でシークレットを作成する必要があります。これは、WMCO が Windows 仮想マシン (VM) と通信できるようにするために必要です。

前提条件

  • Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用して Windows Machine Config Operator (WMCO) をインストールしている。
  • RSA キーが含まれる PEM でエンコードされたファイルを作成します。

手順

  • Windows 仮想マシンへのアクセスに必要なシークレットを定義します。

    $ oc create secret generic cloud-private-key --from-file=private-key.pem=${HOME}/.ssh/<key> \
        -n openshift-windows-machine-config-operator 1
1
openshift-windows-machine-config-operator などの、WMCO namespace のプライベートキーを作成する必要があります。

クラスターのインストール時に使用されるものとは異なるプライベートキーを使用することが推奨されます。