6.3. Web 端末のアンインストール

Web 端末のアンインストールは 2 つの手順で実行されます。

  1. Operator のインストール時に追加された Web 端末 Operator および関連するカスタムリソース (CR) をアンインストールします。
  2. Web 端末 Operator の依存関係として追加された DevWorkspace Operator とそれに関連するカスタムリソースをアンインストールします。

Web 端末 Operator をアンインストールしても、Operator のインストール時に作成されるカスタムリソース定義 (CRD) または管理リソースは削除されません。これらのコンポーネントは、セキュリティー上の目的で手動でアンインストールする必要があります。これらのコンポーネントを削除すると、Operator のアンインストール時に端末がアイドル状態にならないようにしてクラスターリソースを保存することもできます。

前提条件

  • cluster-admin パーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスする。

6.3.1. Web 端末 Operator およびこれをサポートするカスタムリソースの削除

コンソールおよび CLI を使用して、Web 端末 Operator のインストール時に作成された既存の Web 端末および CR を削除します。

注記

OpenShift Container Platform 4.8 よりも前のバージョンでは、Web 端末 Operator は Web 端末機能を提供するために異なる CRD を使用していました。Web 端末 Operator のバージョン 1.2.1 以前をアンインストールするには、OpenShift Container Platform 4.7 のドキュメントを参照してください。

手順

  1. Web コンソールを使用して Web 端末 Operator をアンインストールします。

    1. Web コンソールの Administrator パースペクティブで、Operators → Installed Operators に移動します。
    2. フィルター一覧をスクロールするか、または Filter by name ボックスにキーワードを入力して Web 端末 Operator を見つけます。
    3. Web 端末 Operator の Options メニュー kebab をクリックし、Uninstall Operator を選択します。
    4. Uninstall Operator 確認ダイアログボックスで、Uninstall をクリックし、Operator、Operator デプロイメント、および Pod をクラスターから削除します。この Operator は実行を停止し、更新を受信しなくなります。
  2. Operator によって使用される CRD を削除します。

    $ oc delete devworkspaces.workspace.devfile.io --all-namespaces \
        --selector 'console.openshift.io/terminal=true' --wait
    $ oc delete devworkspacetemplates.workspace.devfile.io --all-namespaces \
        --selector 'console.openshift.io/terminal=true' --wait