4.3. コンソールルートのカスタマイズ

console および downloads ルートについて、カスタムルート機能が ingress 設定ルート設定 API を使用します。console カスタムルートが ingress 設定と console-operator 設定の両方に設定されている場合、新規の ingress 設定のカスタムルート設定が優先されます。console-operator 設定を使用したルート設定は非推奨になりました。

4.3.1. コンソールルートのカスタマイズ

クラスタIngress構成のspec.componentRoutesフィールドにカスタムホスト名とTLS証明書を設定することで、コンソールルートをカスタマイズすることができます。

前提条件

  • 管理者権限のあるユーザーでクラスターにログインしている。
  • openshift-config namespace に TLS 証明書およびキーを含めたシークレットを作成している。これは、カスタムホスト名のサフィックスのドメインが、クラスターのドメインサフィックスと一致しない場合に必要です。サフィックスが一致する場合には、シークレットはオプションです。

    ヒント

    oc create secret tls コマンドを使用して TLS シークレットを作成できます。

手順

  1. クラスター Ingress 設定を編集します。

    $ oc edit ingress.config.openshift.io cluster
  2. カスタムホスト名を設定し、オプションでサービング証明書とキーを設定します。

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: Ingress
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      componentRoutes:
        - name: console
          namespace: openshift-console
          hostname: <custom_hostname> 1
          servingCertKeyPairSecret:
            name: <secret_name> 2
    1
    カスタムホスト名です。
    2
    TLS 証明hそ (tls.crt) およびキー (tls.key) を含む openshift-config namespace のシークレットへの参照。これは、カスタムホスト名のサフィックスのドメインが、クラスターのドメインサフィックスと一致しない場合に必要です。サフィックスが一致する場合には、シークレットはオプションです。
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。