7.3.2. CRI-O ランタイムエンジンのステータスの確認

各クラスターノードで CRI-O コンテナーランタイムエンジンのステータスを確認できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. デバッグ Pod 内で、ノードの crio systemd サービスをクエリーして CRI-O ステータスを確認します。

    1. ノードのデバッグ Pod を起動します。

      $ oc debug node/my-node
    2. /host をデバッグシェル内の root ディレクトリーとして設定します。デバッグ Pod は、Pod 内の /host にホストの root ファイルシステムをマウントします。root ディレクトリーを /host に変更すると、ホストの実行パスに含まれるバイナリーを実行できます。

      # chroot /host
      注記

      Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を実行する OpenShift Container Platform 4.8 クラスターノードは変更できず、Operator を使用してクラスターの変更を適用します。SSH を使用したクラスターノードへのアクセスは推奨されず、ノードは accessed のテイントのマークが付けられます。ただし、OpenShift Container Platform API が利用できない場合や、kubelet がターゲットノードで適切に機能しない場合、oc 操作がその影響を受けます。この場合は、代わりに ssh core@<node>.<cluster_name>.<base_domain> を使用してノードにアクセスできます。

    3. crio systemd サービスがノードでアクティブかどうかを確認します。

      # systemctl is-active crio
    4. より詳細な kubelet.service ステータスの要約を出力します。

      # systemctl status crio