7.3.5.4.5. ストレージの問題のトラブルシューティング

7.3.5.4.5.1. 複数割り当てエラーの解決

ノードが予期せずにクラッシュまたはシャットダウンすると、割り当てられた ReadWriteOnce (RWO) ボリュームがノードからアンマウントされ、その後は別のノードでスケジュールされる Pod で使用可能になることが予想されます。

ただし、障害が発生したノードは割り当てられたボリュームをアンマウントできないため、新規ノードにマウントすることはできません。

複数割り当てのエラーが報告されます。

出力例

Unable to attach or mount volumes: unmounted volumes=[sso-mysql-pvol], unattached volumes=[sso-mysql-pvol default-token-x4rzc]: timed out waiting for the condition
Multi-Attach error for volume "pvc-8837384d-69d7-40b2-b2e6-5df86943eef9" Volume is already used by pod(s) sso-mysql-1-ns6b4

手順

複数割り当ての問題を解決するには、以下のソリューションのいずれかを使用します。

  • RWX ボリュームを使用して、複数割り当てを有効にします。

    ほとんどのストレージソリューションでは、ReadWriteMany (RWX) ボリュームを使用して、複数割り当てエラーを防ぐことができます。

  • RWO ボリュームの使用時に障害が発生したノードを回復するか、または削除します。

    VMware vSphere などの RWX をサポートしないストレージの場合、RWO ボリュームが代わりに使用される必要があります。ただし、RWO ボリュームは複数のノードにマウントできません。

    複数割り当てのエラーメッセージが RWO ボリュームと共に表示される場合には、シャットダウンまたはクラッシュしたノードで Pod を強制的に削除し、動的永続ボリュームの割り当て時などの重要なワークロードでのデータ損失を回避します。

    $ oc delete pod <old_pod> --force=true --grace-period=0s

    このコマンドは、シャットダウンまたはクラッシュしたノードで停止したボリュームを 6 分後に削除します。