5.6. OpenShift Container Platform クラスターノードの sosreport アーカイブの生成

OpenShift Container Platform 4.8 クラスターノードの sosreport を生成する方法として、デバッグ Pod を使用することが推奨されます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • ホストへの SSH アクセスがあること。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • Red Hat の標準またはプレミアムサブスクリプションがある。
  • Red Hat カスタマーポータルのアカウントがある。
  • 既存の Red Hat サポートケース ID がある。

手順

  1. クラスターノードの一覧を取得します。

    $ oc get nodes
  2. ターゲットノードのデバッグセッションに入ります。この手順は、<node_name>-debug というデバッグ Pod をインスタンス化します。

    $ oc debug node/my-cluster-node

    NoExecute effect でテイントのマークが付けられたターゲットノードのデバッグセッションに入るには、容認をダミー namespace に追加し、dummy namespace でデバッグ Pod を起動します。

    $ oc new-project dummy
    $ oc patch namespace dummy --type=merge -p '{"metadata": {"annotations": { "scheduler.alpha.kubernetes.io/defaultTolerations": "[{\"operator\": \"Exists\"}]"}}}'
    $ oc debug node/my-cluster-node
  3. /host をデバッグシェル内の root ディレクトリーとして設定します。デバッグ Pod は、Pod 内の /host にホストの root ファイルシステムをマウントします。root ディレクトリーを /host に変更すると、ホストの実行パスに含まれるバイナリーを実行できます。

    # chroot /host
    注記

    Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を実行する OpenShift Container Platform 4.8 クラスターノードは変更できず、Operator を使用してクラスターの変更を適用します。SSH を使用したクラスターノードへのアクセスは推奨されず、ノードは accessed のテイントのマークが付けられます。ただし、OpenShift Container Platform API が利用できない場合や、kubelet がターゲットノードで適切に機能しない場合、oc 操作がその影響を受けます。この場合は、代わりに ssh core@<node>.<cluster_name>.<base_domain> を使用してノードにアクセスできます。

  4. sosreport を実行するために必要なバイナリーおよびプラグインが含まれる toolbox コンテナーを起動します。

    # toolbox
    注記

    既存の toolbox Pod がすでに実行されている場合、toolbox コマンドは以下を出力します: 'toolbox-' already exists.Trying to start…​.podman rm toolbox- で実行中の toolbox コンテナーを削除して、sosreport プラグインの問題を回避するために、新規の toolbox コンテナーを生成します。

  5. sosreport アーカイブを収集します。

    1. sosreport コマンドを実行して、crio.all および crio.logs CRI-O コンテナーエンジン sosreport プラグインを有効にします。

      # sosreport -k crio.all=on -k crio.logs=on 1
      1
      -K により、デフォルト以外の sosreport プラグインパラメーターを定義できます。
    2. プロンプトが表示されたら Enter を押して続行します。
    3. Red Hat サポートケース ID を指定します。sosreport は ID をアーカイブのファイル名に 追加します。
    4. sosreport 出力は、アーカイブの場所とチェックサムを提供します。以下の出力参照例は、ケース ID 01234567 を参照します。

      Your sosreport has been generated and saved in:
        /host/var/tmp/sosreport-my-cluster-node-01234567-2020-05-28-eyjknxt.tar.xz 1
      
      The checksum is: 382ffc167510fd71b4f12a4f40b97a4e
      1
      toolbox コンテナーはホストの root ディレクトリーを /host にマウントするため、sosreport アーカイブのファイルパスは chroot 環境外にあります。
  6. 以下の方法のいずれかを使用して、解析のために sosreport アーカイブを Red Hat サポートに提供します。

    • ファイルを OpenShift Container Platform クラスターから直接既存の Red Hat サポートケースにアップロードします。

      1. toolbox コンテナー内から、redhat-support-tool を実行してアーカイブを既存の Red Hat サポートケースに直接割り当てます。この例では、サポートケース ID 01234567 を使用します。

        # redhat-support-tool addattachment -c 01234567 /host/var/tmp/my-sosreport.tar.xz 1
        1
        toolbox コンテナーは、ホストの root ディレクトリーを /host にマウントします。redhat-support-tool コマンドでアップロードするファイルを指定する場合は、toolbox コンテナーの root ディレクトリー (/host/ を含む) から絶対パスを参照します。
    • 既存の Red Hat サポートケースにファイルをアップロードします。

      1. oc debug node/<node_name> コマンドを実行して sosreport アーカイブを連結し、出力をファイルにリダイレクトします。このコマンドは、直前の oc debug セッションを終了していることを前提としています。

        $ oc debug node/my-cluster-node -- bash -c 'cat /host/var/tmp/sosreport-my-cluster-node-01234567-2020-05-28-eyjknxt.tar.xz' > /tmp/sosreport-my-cluster-node-01234567-2020-05-28-eyjknxt.tar.xz 1
        1
        デバッグコンテナーは、ホストの root ディレクトリーを /host にマウントします。連結のためにターゲットファイルを指定する際に、デバッグコンテナーの root ディレクトリー (/host を含む) から絶対パスを参照します。
        注記

        Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を実行する OpenShift Container Platform 4.8 クラスターノードは変更できず、Operator を使用してクラスターの変更を適用します。scp を使用してクラスターノードから sosreport アーカイブを転送することは推奨されず、ノードには accessed のテイントのマークが付けられます。ただし、OpenShift Container Platform API が利用できない場合や、kubelet がターゲットノードで適切に機能しない場合、oc 操作がその影響を受けます。この状態では、scp core@<node>.<cluster_name>.<base_domain>:<file_path> <local_path> を実行して、ノードから sosreport アーカイブをコピーすることができます。

      2. https://access.redhat.com/support/cases/ 内の既存のサポートケースに移動します。
      3. Attach files を選択し、プロンプトに従ってファイルをアップロードします。