5.7. ブートストラップノードのジャーナルログのクエリー

ブートストラップ関連の問題が発生した場合、ブートストラップノードから bootkube.servicejournald ユニットログおよびコンテナーログを収集できます。

前提条件

  • ブートストラップノードへの SSH アクセスがある。
  • ブートストラップノードの完全修飾ドメイン名がある。

手順

  1. OpenShift Container Platform のインストール時にブートストラップノードから bootkube.servicejournald ユニットログをクエリーします。<bootstrap_fqdn> をブートストラップノードの完全修飾ドメイン名に置き換えます。

    $ ssh core@<bootstrap_fqdn> journalctl -b -f -u bootkube.service
    注記

    ブートストラップノードの bootkube.service ログは、etcd の connection refused エラーを出力し、ブートストラップサーバーがコントロールプレーンノード (別名マスターノード) の etcd に接続できないことを示します。etcd が各コントロールプレーンノードで起動し、ノードがクラスターに参加した後には、エラーは発生しなくなるはずです。

  2. ブートストラップノードで podman を使用してブートストラップノードのコンテナーからログを収集します。<bootstrap_fqdn> をブートストラップノードの完全修飾ドメイン名に置き換えます。

    $ ssh core@<bootstrap_fqdn> 'for pod in $(sudo podman ps -a -q); do sudo podman logs $pod; done'