8.2. Red Hat 分散トレースを使用して分散トレースを有効にする

Red Hat OpenShift 分散トレースは、複数のコンポーネントで設定されており、トレースデータを収集し、保存し、表示するためにそれらが連携します。OpenShift Serverless で Red Hat 分散トレースを使用して、サーバーレスアプリケーションを監視およびトラブルシューティングできます。

前提条件

  • クラスター管理者のアクセスを持つ OpenShift Container Platform アカウントを使用できる。
  • OpenShift Serverless Operator、Knative Serving、および Knative Eventing をインストールしていない。これらは Red Hat OpenShift 分散トレースのインストール後にインストールする必要があります。
  • OpenShift Container Platform の分散トレーシングのインストールのドキュメントに従って、Red Hat OpenShift の分散トレーシングをインストールしている。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。

手順

  1. OpenTelemetryCollector カスタムリソース (CR) を作成します。

    OpenTelemetryCollector CR の例

    apiVersion: opentelemetry.io/v1alpha1
    kind: OpenTelemetryCollector
    metadata:
      name: cluster-collector
      namespace: <namespace>
    spec:
      mode: deployment
      config: |
        receivers:
          zipkin:
        processors:
        exporters:
          jaeger:
            endpoint: jaeger-all-in-one-inmemory-collector-headless.tracing-system.svc:14250
            tls:
              ca_file: "/var/run/secrets/kubernetes.io/serviceaccount/service-ca.crt"
          logging:
        service:
          pipelines:
            traces:
              receivers: [zipkin]
              processors: []
              exporters: [jaeger, logging]

  2. Red Hat 分散トレースがインストールされているネームスペースで 2 つの Pod が実行されていることを確認します。

    $ oc get pods -n <namespace>

    出力例

    NAME                                          READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    cluster-collector-collector-85c766b5c-b5g99   1/1     Running   0          5m56s
    jaeger-all-in-one-inmemory-ccbc9df4b-ndkl5    2/2     Running   0          15m

  3. 次のヘッドレスサービスが作成されていることを確認します。

    $ oc get svc -n <namespace> | grep headless

    出力例

    cluster-collector-collector-headless            ClusterIP   None             <none>        9411/TCP                                 7m28s
    jaeger-all-in-one-inmemory-collector-headless   ClusterIP   None             <none>        9411/TCP,14250/TCP,14267/TCP,14268/TCP   16m

    これらのサービスは、Jaeger、Knative Serving、および Knative Eventing を設定するのに使用されます。Jaeger サービスの名前は異なる場合があります。

  4. OpenShift Serverless Operator のインストールのドキュメントに従って、OpenShift Serverless Operator をインストールします。
  5. 以下の KnativeServing CR を作成して Knative Serving をインストールします。

    KnativeServing CR の例

    apiVersion: operator.knative.dev/v1alpha1
    kind: KnativeServing
    metadata:
        name: knative-serving
        namespace: knative-serving
    spec:
      config:
        tracing:
          backend: "zipkin"
          zipkin-endpoint: "http://cluster-collector-collector-headless.tracing-system.svc:9411/api/v2/spans"
          debug: "false"
          sample-rate: "0.1" 1

    1
    sample-rate はサンプリングの可能性を定義します。sample-rate: "0.1" を使用すると、10 トレースの 1 つがサンプリングされます。
  6. 次の KnativeEventing CR を作成して、Knative Eventing をインストールします。

    KnativeEventing CR の例

    apiVersion: operator.knative.dev/v1alpha1
    kind: KnativeEventing
    metadata:
        name: knative-eventing
        namespace: knative-eventing
    spec:
      config:
        tracing:
          backend: "zipkin"
          zipkin-endpoint: "http://cluster-collector-collector-headless.tracing-system.svc:9411/api/v2/spans"
          debug: "false"
          sample-rate: "0.1" 1

    1
    sample-rate はサンプリングの可能性を定義します。sample-rate: "0.1" を使用すると、10 トレースの 1 つがサンプリングされます。
  7. Knative サービスを作成します。

    サービスの例

    apiVersion: serving.knative.dev/v1
    kind: Service
    metadata:
      name: helloworld-go
    spec:
      template:
        metadata:
          labels:
            app: helloworld-go
          annotations:
            autoscaling.knative.dev/minScale: "1"
            autoscaling.knative.dev/target: "1"
        spec:
          containers:
          - image: quay.io/openshift-knative/helloworld:v1.2
            imagePullPolicy: Always
            resources:
              requests:
                cpu: "200m"
            env:
            - name: TARGET
              value: "Go Sample v1"

  8. サービスにいくつかのリクエストを行います。

    HTTPS 要求の例

    $ curl https://helloworld-go.example.com

  9. Jaeger Web コンソールの URL を取得します。

    コマンドの例

    $ oc get route jaeger-all-in-one-inmemory  -o jsonpath='{.spec.host}' -n <namespace>

    Jaeger コンソールを使用してトレースを検証できるようになりました。