11.9.2. 特殊なコマンドを使用したシークレットおよび設定マップへの関数アクセスの対話的な変更

kn func config ユーティリティーを実行するたびにダイアログ全体を移動して、直前のセクションで示されているように、必要な操作を選択する必要があります。ステップを保存するには、kn func config コマンドのより具体的なフォームを実行することで、特定の操作を直接実行します。

  • 設定した環境変数を一覧表示するには、以下を実行します。

    $ kn func config envs [-p <function-project-path>]
  • 関数設定に環境変数を追加するには、以下を実行します。

    $ kn func config envs add [-p <function-project-path>]
  • 関数設定から環境変数を削除するには、以下を実行します。

    $ kn func config envs remove [-p <function-project-path>]
  • 設定したボリュームを一覧表示するには、以下を実行します。

    $ kn func config volumes [-p <function-project-path>]
  • 関数設定にボリュームを追加するには、以下を実行します。

    $ kn func config volumes add [-p <function-project-path>]
  • 関数設定からボリュームを削除するには、以下を実行します。

    $ kn func config volumes remove [-p <function-project-path>]