11.9.3.2. 設定マップのボリュームとしてのマウント

設定マップをボリュームとしてマウントできます。設定マップがマウントされると、関数から通常のファイルとしてアクセスできます。これにより、関数がアクセスする必要がある URI のリストなど、関数が必要とするデータをクラスターに格納できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • 関数を作成している。

手順

  1. 関数の func.yaml ファイルを開きます。
  2. ボリュームとしてマウントする設定マップごとに、以下の YAML を volumes セクションに追加します。

    name: test
    namespace: ""
    runtime: go
    ...
    volumes:
    - configMap: myconfigmap
      path: /workspace/configmap
    • myconfigmap をターゲット設定マップの名前に置き換えます。
    • /workspace/configmap は、設定マップをマウントするパスに置き換えます。

      たとえば、addresses config map をマウントするには、次の YAML を使用します。

      name: test
      namespace: ""
      runtime: go
      ...
      volumes:
      - configMap: addresses
        path: /workspace/configmap-addresses
  3. 設定を保存します。