5.5.2. Developer パースペクティブを使用してイベントソースをシンクに接続します。

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用してイベントソースを作成する場合、イベントがソースから送信されるシンクを指定できます。シンクは、他のリソースから受信イベントを受信できる、アドレス指定可能または呼び出し可能な任意のリソースです。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator、Knative Serving、および Knative Eventing が OpenShift Container Platform クラスターにインストールされている。
  • Web コンソールにログインしており、Developer パースペクティブを使用している。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。
  • Knative サービス、チャネル、ブローカーなどのシンクを作成している。

手順

  1. +AddEvent Source に移動して任意のタイプのイベントソースを作成し、作成するイベントソースを選択します。
  2. イベントソースの作成 フォームビューの シンク セクションで、リソース リストからシンクを選択します。
  3. Create をクリックします。

検証

Topology ページを表示して、イベントソースが作成され、シンクに接続されていることを確認できます。

  1. Developer パースペクティブで、Topology に移動します。
  2. イベントソースを表示し、接続されたシンクをクリックして、右側のパネルにシンクの詳細を表示します。