6.7.2. Knative Eventing の高可用性レプリカの設定

Knative Eventing の eventing-controllereventing-webhookimc-controllerimc-dispatchermt-broker-controller コンポーネントは、デフォルトでそれぞれ 2 つのレプリカを持つように設定されており、高可用性 (HA) を利用することができます。KnativeServing カスタムリソース (CR) の spec.high-availability.replicas 値を変更して、これらのコンポーネントのレプリカ数を変更できます。

注記

Knative Eventing の場合には、HA では mt-broker-filter および mt-broker-ingress デプロイメントはスケーリングされません。複数のデプロイメントが必要な場合は、これらのコンポーネントを手動でスケーリングします。

前提条件

  • クラスター管理者のパーミッションを持つ OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing がクラスターにインストールされている。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの Administrator パースペクティブで、OperatorHubInstalled Operators に移動します。
  2. knative-eventing namespace を選択します。
  3. OpenShift Serverless Operator の Provided API 一覧で Knative Eventing をクリックし、Knative Eventing タブに移動します。
  4. knative-serving をクリックしてから、knative-eventing ページの YAML タブに移動します。

    Knative Eventing YAML
  5. KnativeEvening CR のレプリカ数を変更します。

    サンプル YAML

    apiVersion: operator.knative.dev/v1alpha1
    kind: KnativeEventing
    metadata:
      name: knative-eventing
      namespace: knative-eventing
    spec:
      high-availability:
        replicas: 3