1.5.3. 既知の問題

  • 連邦情報処理標準 (FIPS) モードは、Kafka ブローカー、Kafka ソース、および Kafka シンクに対して無効になっています。
  • SinkBinding オブジェクトは、サービスのカスタムリビジョン名をサポートしません。
  • Knative Serving Controller Pod は、クラスター内のシークレットを監視するための新しいインフォーマーを追加します。インフォーマーはシークレットをキャッシュに含めるため、コントローラー Pod のメモリー消費量が増加します。

    Pod のメモリーが不足している場合は、デプロイのメモリー制限を増やすことで問題を回避できます。

  • Ingress に net-istio を使用し、security.dataPlane.mtls: true を使用して SMCP 経由で mTLS を有効にする場合、Service Mesh は *.local ホストの DestinationRules をデプロイしますが、これは OpenShift Serverless の DomainMapping を許可しません。

    この問題を回避するには、security.dataPlane.mtls: true を使用する代わりに PeerAuthentication をデプロイして mTLS を有効にします。

関連情報