5.4. TuneD プロファイルが適用されていることの確認

クラスターノードに適用される TuneD プロファイルを確認します。

$ oc get profile -n openshift-cluster-node-tuning-operator

出力例

NAME             TUNED                     APPLIED   DEGRADED   AGE
master-0         openshift-control-plane   True      False      6h33m
master-1         openshift-control-plane   True      False      6h33m
master-2         openshift-control-plane   True      False      6h33m
worker-a         openshift-node            True      False      6h28m
worker-b         openshift-node            True      False      6h28m

  • NAME: Profile オブジェクトの名前。ノードごとに Profile オブジェクトが 1 つあり、それぞれの名前が一致します。
  • TUNED: 適用する任意の TuneD プロファイルの名前。
  • APPLIED: TuneD デーモンが任意のプロファイルを適用する場合は True。(true/False/Unknown)。
  • DEGRADED: TuneD プロファイルのアプリケーション中にエラーが報告される場合は True (True/False/Unknown)
  • AGE: Profile オブジェクトの作成からの経過時間。