18.4.10. デバイス割り込み処理を使用するためのパフォーマンスプロファイルのアップグレード

Performance Addon Operator パフォーマンスプロファイルのカスタムリソース定義 (CRD)を v1 または v1alpha1 から v2 にアップグレードする場合、globallyDisableIrqLoadBalancingtrue に設定されます。

注記

globallyDisableIrqLoadBalancingtrue に設定されると、デバイスが Guaranteed Pod に属さない限り、デバイス割り込みはすべての CPU 間で処理されます。

18.4.10.1. サポート対象の API バージョン

Performance Addon Operator は、パフォーマンスプロファイル apiVersion フィールドの v2v1、および v1alpha1 をサポートします。v1 および v1alpha1 API は同一です。v2 API には、デフォルト値の false が設定されたオプションのブール値フィールド globallyDisableIrqLoadBalancing が含まれます。

18.4.10.1.1. Performance Addon Operator の v1alpha1 から v1 へのアップグレード

Performance Addon Operator API バージョンを v1alpha1 から v1 にアップグレードする場合、v1alpha1 パフォーマンスプロファイルは「None」変換ストラテジーを使用して即時に「オンザフライ」で変換され、API バージョン v1 の Performance Addon Operator に送信されます。

18.4.10.1.2. Performance Addon Operator API の v1alpha1 または v1 から v2 へのアップグレード

古い Performance Addon Operator API バージョンからアップグレードする場合、既存の v1 および v1alpha1 パフォーマンスプロファイルは、globallyDisableIrqLoadBalancing フィールドに true の値を挿入する変換 Webhook を使用して変換されます。