18.3. Performance Addon Operator のアップグレード

次のマイナーバージョンの Performance Addon Operator に手動でアップグレードし、Web コンソールを使用して更新のステータスをモニターできます。

18.3.1. Performance Addon Operator のアップグレードについて

  • OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して Operator サブスクリプションのチャネルを変更することで、Performance Addon Operator の次のマイナーバージョンにアップグレードできます。
  • Performance Addon Operator のインストール時に z-stream の自動更新を有効にできます。
  • 更新は、OpenShift Container Platform のインストール時にデプロイされる Marketplace Operator 経由で提供されます。Marketplace Operator は外部 Operator をクラスターで利用可能にします。
  • 更新の完了までにかかる時間は、ネットワーク接続によって異なります。ほとんどの自動更新は 15 分以内に完了します。

18.3.1.1. Performance Addon Operator のクラスターへの影響

  • 低レイテンシーのチューニング Huge Page は影響を受けません。
  • Operator を更新しても、予期しない再起動は発生しません。

18.3.1.2. Performance Addon Operator の次のマイナーバージョンへのアップグレード

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して Operator サブスクリプションのチャネルを変更することで、Performance Addon Operator を次のマイナーバージョンに手動でアップグレードできます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセスがあること。

手順

  1. Web コンソールにアクセスし、OperatorsInstalled Operators に移動します。
  2. Performance Addon Operator をクリックし、Operator details ページを開きます。
  3. Subscription タブをクリックし、Subscription details ページを開きます。
  4. Update channel ペインで、バージョン番号の右側にある鉛筆アイコンをクリックし、Change Subscription update channel ウィンドウを開きます。
  5. 次のマイナーバージョンを選択します。たとえば、Performance Addon Operator 4.8 にアップグレードする場合は、4.8 を選択します。
  6. Save をクリックします。
  7. Operators → Installed Operators に移動してアップグレードのステータスを確認します。以下の oc コマンドを実行してステータスを確認することもできます。

    $ oc get csv -n openshift-performance-addon-operator

18.3.1.3. 以前に特定の namespace にインストールされている場合の Performance Addon Operator のアップグレード

Performance Addon Operator をクラスターの特定の namespace(例: openshift-performance-addon-operator)にインストールしている場合、OperatorGroup オブジェクトを変更して、アップグレード前に targetNamespaces エントリーを削除します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform CLI (oc) をインストールします。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとして OpenShift クラスターにログインします。

手順

  1. Performance Addon Operator OperatorGroup CR を編集し、以下のコマンドを実行して targetNamespaces エントリーが含まれる spec 要素を削除します。

    $ oc patch operatorgroup -n openshift-performance-addon-operator openshift-performance-addon-operator --type json -p '[{ "op": "remove", "path": "/spec" }]'
  2. Operator Lifecycle Manager (OLM) が変更を処理するまで待機します。
  3. OperatorGroup CR の変更が正常に適用されていることを確認します。OperatorGroup CR の spec 要素が削除されていることを確認します。

    $ oc describe -n openshift-performance-addon-operator og openshift-performance-addon-operator
  4. Performance Addon Operator のアップグレードに進みます。