13.2. 設定可能な推奨のストレージ技術