18.4.6. オプション: DPDK 用の CPU 負荷分散の無効化

CPU 負荷分散を無効または有効にする機能は CRI-O レベルで実装されます。CRI-O のコードは、以下の要件を満たす場合にのみ CPU の負荷分散を無効または有効にします。

  • Pod は performance-<profile-name> ランタイムクラスを使用する必要があります。以下に示すように、パフォーマンスプロファイルのステータスを確認して、適切な名前を取得できます。

    apiVersion: performance.openshift.io/v2
    kind: PerformanceProfile
    ...
    status:
      ...
      runtimeClass: performance-manual
  • Pod には cpu-load-balancing.crio.io: true アノテーションが必要です。

Performance Addon Operator は、該当するノードで高パフォーマンスのランタイムハンドラー設定スニペットの作成や、クラスターで高パフォーマンスのランタイムクラスの作成を行います。これには、 CPU 負荷分散の設定機能を有効にすることを除くと、デフォルトのランタイムハンドラーと同じ内容が含まれます。

Pod の CPU 負荷分散を無効にするには、 Pod 仕様に以下のフィールドが含まれる必要があります。

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  ...
  annotations:
    ...
    cpu-load-balancing.crio.io: "disable"
    ...
  ...
spec:
  ...
  runtimeClassName: performance-<profile_name>
  ...
注記

CPU マネージャーの静的ポリシーが有効にされている場合に、CPU 全体を使用する Guaranteed QoS を持つ Pod について CPU 負荷分散を無効にします。これ以外の場合に CPU 負荷分散を無効にすると、クラスター内の他のコンテナーのパフォーマンスに影響する可能性があります。