2.3. 利用不可のワーカーノードの数の変更

デフォルトでは、kubelet 関連の設定を利用可能なワーカーノードに適用する場合に 1 つのマシンのみを利用不可の状態にすることが許可されます。大規模なクラスターの場合、設定の変更が反映されるまでに長い時間がかかる可能性があります。プロセスのスピードを上げるためにマシン数の調整をいつでも実行することができます。

手順

  1. worker マシン設定プールを編集します。

    $ oc edit machineconfigpool worker
  2. maxUnavailable を必要な値に設定します。

    spec:
      maxUnavailable: <node_count>
    重要

    値を設定する際に、クラスターで実行されているアプリケーションに影響を与えずに利用不可にできるワーカーノードの数を検討してください。