18.4.9. Guaranteed Pod の分離された CPU のデバイス割り込み処理の管理

Performance Addon Operator は、Pod Infra コンテナーなど、予約された CPU をクラスターおよびオペレーティングシステムのハウスキーピングタスクに、分離された CPU をワークロード実行用のアプリケーションコンテナーに分割して、ホストの CPU を管理できます。これにより、低レイテンシーのワークロード用の CPU を isolated (分離された CPU) として設定できます。

デバイスの割り込みについては、Guaranteed Pod が実行されている CPU を除き、CPU のオーバーロードを防ぐためにすべての分離された CPU および予約された CPU 間で負荷が分散されます。Guaranteed Pod の CPU は、関連するアノテーションが Pod に設定されている場合にデバイス割り込みを処理できなくなります。

パフォーマンスプロファイルで、 globallyDisableIrqLoadBalancing は、デバイス割り込みが処理されるかどうかを管理するために使用されます。特定のワークロードでは、予約された CPU は、デバイスの割り込みを処理するのに常に十分な訳ではないため、デバイスの割り込みは分離された CPU でグローバルに無効にされません。デフォルトで、Performance Addon Operator は分離された CPU でデバイス割り込みを無効にしません。

ワークロードの低レイテンシーを確保するには、一部の (すべてではない) Pod で、それらが実行されている CPU がデバイス割り込みを処理しないようにする必要があります。Pod アノテーション irq-load-balancing.crio.io は、デバイス割り込みが処理されるかどうかを定義するために使用されます。CRI-O は (設定されている場合)、Pod が実行されている場合にのみデバイス割り込みを無効にします。

18.4.9.1. Performance Addon Operator でのグローバルデバイス割り込み処理の無効化

Performance Addon Operator を分離された CPU セットのグローバルデバイス割り込みを無効にするように設定するには、パフォーマンスプロファイルの globallyDisableIrqLoadBalancing フィールドを true に設定します。true の場合、競合する Pod アノテーションは無視されます。false の場合、すべての CPU 間で IRQ 負荷が分散されます。

パフォーマンスプロファイルのスニペットは、この設定を示しています。

apiVersion: performance.openshift.io/v2
kind: PerformanceProfile
metadata:
  name: manual
spec:
  globallyDisableIrqLoadBalancing: true
...