2.7. OpenShift Container Platform インフラストラクチャーコンポーネント

以下のインフラストラクチャーワークロードでは、OpenShift Container Platform ワーカーのサブスクリプションは不要です。

  • マスターで実行される Kubernetes および OpenShift Container Platform コントロールプレーンサービス
  • デフォルトルーター
  • 統合コンテナーイメージレジストリー
  • HAProxy ベースの Ingress コントローラー
  • ユーザー定義プロジェクトのモニタリング用のコンポーネントを含む、クラスターメトリクスの収集またはモニタリングサービス
  • クラスター集計ロギング
  • サービスブローカー
  • Red Hat Quay
  • Red Hat OpenShift Container Storage
  • Red Hat Advanced Cluster Manager
  • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes
  • Red Hat OpenShift GitOps
  • Red Hat OpenShift Pipelines

他のコンテナー、Pod またはコンポーネントを実行するノードは、サブスクリプションが適用される必要のあるワーカーノードです。

インフラストラクチャーノードおよびインフラストラクチャーノードで実行できるコンポーネントの詳細は、『OpenShift のサイジングおよびサブスクリプションガイド』の「Red Hat OpenShift コントロールプレーンおよびインフラストラクチャーノード」のセクションを参照してください。