5.6. カスタムチューニングの例

デフォルト CR からの TuneD プロファイルの使用

以下の CR は、ラベル tuned.openshift.io/ingress-node-label を任意の値に設定した状態で OpenShift Container Platform ノードのカスタムノードレベルのチューニングを適用します。

例: openshift-control-plane TuneD プロファイルを使用したカスタムチューニング

apiVersion: tuned.openshift.io/v1
kind: Tuned
metadata:
  name: ingress
  namespace: openshift-cluster-node-tuning-operator
spec:
  profile:
  - data: |
      [main]
      summary=A custom OpenShift ingress profile
      include=openshift-control-plane
      [sysctl]
      net.ipv4.ip_local_port_range="1024 65535"
      net.ipv4.tcp_tw_reuse=1
    name: openshift-ingress
  recommend:
  - match:
    - label: tuned.openshift.io/ingress-node-label
    priority: 10
    profile: openshift-ingress

重要

カスタムプロファイル作成者は、デフォルトの TuneD CR に含まれるデフォルトの調整されたデーモンプロファイルを組み込むことが強く推奨されます。上記の例では、デフォルトの openshift-control-plane プロファイルを使用してこれを実行します。

ビルトイン TuneD プロファイルの使用

NTO が管理するデーモンセットのロールアウトに成功すると、TuneD オペランドはすべて同じバージョンの TuneD デーモンを管理します。デーモンがサポートするビルトイン TuneD プロファイルを一覧表示するには、以下の方法で TuneD Pod をクエリーします。

$ oc exec $tuned_pod -n openshift-cluster-node-tuning-operator -- find /usr/lib/tuned/ -name tuned.conf -printf '%h\n' | sed 's|^.*/||'

このコマンドで取得したプロファイル名をカスタムのチューニング仕様で使用できます。

例: built-in hpc-compute TuneD プロファイルの使用

apiVersion: tuned.openshift.io/v1
kind: Tuned
metadata:
  name: openshift-node-hpc-compute
  namespace: openshift-cluster-node-tuning-operator
spec:
  profile:
  - data: |
      [main]
      summary=Custom OpenShift node profile for HPC compute workloads
      include=openshift-node,hpc-compute
    name: openshift-node-hpc-compute

  recommend:
  - match:
    - label: tuned.openshift.io/openshift-node-hpc-compute
    priority: 20
    profile: openshift-node-hpc-compute

ビルトインの hpc-compute プロファイルに加えて、上記の例には、デフォルトの Tuned CR に同梱される openshift-node TuneD デーモンプロファイルが含まれており、コンピュートノードに OpenShift 固有のチューニングを使用します。