18.4.12. クラスターのハイパースレッディングの設定

OpenShift Container Platform クラスターのハイパースレッディングを設定するには、パフォーマンスプロファイルの CPU スレッドを、予約または分離された CPU プールに設定された同じコアに設定します。

注記

パフォーマンスプロファイルを設定してから、ホストのハイパースレッディング設定を変更する場合は、新規の設定に一致するように PerformanceProfile YAML の CPU の isolated および reserved フィールドを更新するようにしてください。

警告

以前に有効にされたホストのハイパースレッディング設定を無効にすると、PerformanceProfile YAML に一覧表示されている CPU コア ID が正しくなくなる可能性があります。この設定が間違っていると、一覧表示される CPU が見つからなくなるため、ノードが利用できなくなる可能性があります。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセスがあること。
  • OpenShift CLI (oc) のインストール。

手順

  1. 設定する必要のあるホストのどの CPU でどのスレッドが実行されているかを確認します。

    クラスターにログインして以下のコマンドを実行し、ホスト CPU で実行されているスレッドを表示できます。

    $ lscpu --all --extended

    出力例

    CPU NODE SOCKET CORE L1d:L1i:L2:L3 ONLINE MAXMHZ    MINMHZ
    0   0    0      0    0:0:0:0       yes    4800.0000 400.0000
    1   0    0      1    1:1:1:0       yes    4800.0000 400.0000
    2   0    0      2    2:2:2:0       yes    4800.0000 400.0000
    3   0    0      3    3:3:3:0       yes    4800.0000 400.0000
    4   0    0      0    0:0:0:0       yes    4800.0000 400.0000
    5   0    0      1    1:1:1:0       yes    4800.0000 400.0000
    6   0    0      2    2:2:2:0       yes    4800.0000 400.0000
    7   0    0      3    3:3:3:0       yes    4800.0000 400.0000

    この例では、4 つの物理 CPU コアで 8 つの論理 CPU コアが実行されています。CPU0 および CPU4 は物理コアの Core0 で実行されており、CPU1 および CPU5 は物理コア 1 で実行されています。

    または、特定の物理 CPU コア (以下の例ではcpu0)に設定されているスレッドを表示するには、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

    $ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/topology/thread_siblings_list

    出力例

    0-4

  2. PerformanceProfile YAML で分離された CPU および予約された CPU を適用します。たとえば、論理コア CPU0 および CPU4 を isolated に、論理コア CPU1 を CPU3 に、CPU5 を予約して設定することができます 予約および分離された CPU を設定する場合に、Pod 内の infra コンテナーは予約された CPU を使用し、アプリケーションコンテナーは分離された CPU を使用します。

    ...
      cpu:
        isolated: 0,4
        reserved: 1-3,5-7
    ...
    注記

    予約された CPU プールと分離された CPU プールは重複してはならず、ワーカーノードで利用可能なコアすべてにまたがる必要があります。

重要

ハイパースレッディングは、ほとんどの Intel プロセッサーでデフォルトで有効にされます。ハイパースレッディングを有効にする場合、特定のコアによって処理されるスレッドはすべて、同じコアで分離されるか、処理される必要があります。

18.4.12.1. 低レイテンシーアプリケーションのハイパースレッディングの無効化

低レイテンシー処理用にクラスターを設定する場合、クラスターをデプロイする前にハイパースレッディングを無効にするかどうかを考慮してください。ハイパースレッディングを無効にするには、以下を実行します。

  1. ハードウェアとトポロジーに適したパフォーマンスプロファイルを作成します。
  2. nosmt を追加のカーネル引数として設定します。以下のパフォーマンスプロファイルの例は、この設定について示しています。

    apiVersion: performance.openshift.io/v2
    kind: PerformanceProfile
    metadata:
      name: example-performanceprofile
    spec:
      additionalKernelArgs:
        - nmi_watchdog=0
        - audit=0
        - mce=off
        - processor.max_cstate=1
        - idle=poll
        - intel_idle.max_cstate=0
        - nosmt
      cpu:
        isolated: 2-3
        reserved: 0-1
      hugepages:
        defaultHugepagesSize: 1G
        pages:
          - count: 2
            node: 0
            size: 1G
      nodeSelector:
        node-role.kubernetes.io/performance: ''
      realTimeKernel:
        enabled: true
    注記

    予約および分離された CPU を設定する場合に、Pod 内の infra コンテナーは予約された CPU を使用し、アプリケーションコンテナーは分離された CPU を使用します。