18.4.11. IRQ 動的負荷分散用ノードの設定

IRQ 動的負荷分散を処理するクラスターノードを設定するには、以下を実行します。

  1. cluster-admin 権限を持つユーザーとして OpenShift Container Platform クラスターにログインします。
  2. パフォーマンスプロファイルの apiVersionperformance.openshift.io/v2 を使用するように設定します。
  3. globallyDisableIrqLoadBalancing フィールドを削除するか、またはこれを false に設定します。
  4. 適切な分離された CPU と予約された CPU を設定します。以下のスニペットは、2 つの CPU を確保するプロファイルを示しています。IRQ 負荷分散は、isolated CPU セットで実行されている Pod について有効にされます。

    apiVersion: performance.openshift.io/v2
    kind: PerformanceProfile
    metadata:
      name: dynamic-irq-profile
    spec:
      cpu:
        isolated: 2-5
        reserved: 0-1
    ...
    注記

    予約および分離された CPU を設定する場合に、Pod 内の infra コンテナーは予約された CPU を使用し、アプリケーションコンテナーは分離された CPU を使用します。

  5. 排他的な CPU を使用する Pod を作成し、irq-load-balancing.crio.io および cpu-quota.crio.io アノテーションを disable に設定します。以下は例になります。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: dynamic-irq-pod
      annotations:
         irq-load-balancing.crio.io: "disable"
         cpu-quota.crio.io: "disable"
    spec:
      containers:
      - name: dynamic-irq-pod
        image: "quay.io/openshift-kni/cnf-tests:4.8"
        command: ["sleep", "10h"]
        resources:
          requests:
            cpu: 2
            memory: "200M"
          limits:
            cpu: 2
            memory: "200M"
      nodeSelector:
        node-role.kubernetes.io/worker-cnf: ""
      runtimeClassName: performance-dynamic-irq-profile
    ...
  6. performance-<profile_name> の形式で Pod runtimeClassName を入力します。ここで、<profile_name> は PerformanceProfile YAML の name です (例: performance-dynamic-irq-profile)。
  7. ノードセレクターを cnf-worker をターゲットに設定するように設定します。
  8. Pod が正常に実行されていることを確認します。ステータスが running であり、正しい cnf-worker ノードが設定されている必要があります。

    $ oc get pod -o wide

    予想される出力

    NAME              READY   STATUS    RESTARTS   AGE     IP             NODE          NOMINATED NODE   READINESS GATES
    dynamic-irq-pod   1/1     Running   0          5h33m   <ip-address>   <node-name>   <none>           <none>

  9. IRQ の動的負荷分散向けに設定された Pod が実行される CPU を取得します。

    $ oc exec -it dynamic-irq-pod -- /bin/bash -c "grep Cpus_allowed_list /proc/self/status | awk '{print $2}'"

    予想される出力

    Cpus_allowed_list:  2-3

  10. ノードの設定が正しく適用されていることを確認します。そのノードに対して SSH を実行し、設定を確認します。

    $ oc debug node/<node-name>

    予想される出力

    Starting pod/<node-name>-debug ...
    To use host binaries, run `chroot /host`
    
    Pod IP: <ip-address>
    If you don't see a command prompt, try pressing enter.
    
    sh-4.4#

  11. ノードのファイルシステムを使用できることを確認します。

    sh-4.4# chroot /host

    予想される出力

    sh-4.4#

  12. デフォルトのシステム CPU アフィニティーマスクに dynamic-irq-pod CPU(例: CPU 2 および 3) が含まれないようにします。

    $ cat /proc/irq/default_smp_affinity

    出力例

    33

  13. システム IRQ が dynamic-irq-pod CPU で実行されるように設定されていないことを確認します。

    find /proc/irq/ -name smp_affinity_list -exec sh -c 'i="$1"; mask=$(cat $i); file=$(echo $i); echo $file: $mask' _ {} \;

    出力例

    /proc/irq/0/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/1/smp_affinity_list: 5
    /proc/irq/2/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/3/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/4/smp_affinity_list: 0
    /proc/irq/5/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/6/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/7/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/8/smp_affinity_list: 4
    /proc/irq/9/smp_affinity_list: 4
    /proc/irq/10/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/11/smp_affinity_list: 0
    /proc/irq/12/smp_affinity_list: 1
    /proc/irq/13/smp_affinity_list: 0-5
    /proc/irq/14/smp_affinity_list: 1
    /proc/irq/15/smp_affinity_list: 0
    /proc/irq/24/smp_affinity_list: 1
    /proc/irq/25/smp_affinity_list: 1
    /proc/irq/26/smp_affinity_list: 1
    /proc/irq/27/smp_affinity_list: 5
    /proc/irq/28/smp_affinity_list: 1
    /proc/irq/29/smp_affinity_list: 0
    /proc/irq/30/smp_affinity_list: 0-5

一部の IRQ コントローラーは IRQ リバランスをサポートせず、常にすべてのオンライン CPU を IRQ マスクとして公開します。これらの IRQ コントローラーは CPU 0 で正常に実行されます。ホスト設定についての詳細は、ホストに対して SSH を実行し、<irq-num> をクエリーする CPU 番号に置き換えて以下を実行して参照してください。

$ cat /proc/irq/<irq-num>/effective_affinity