18.7.9.2. テスト失敗レポート

クラスターの状態とトラブルシューティング用のリソースに関する情報が含まれるレポートは、レポートがダンプされるパスと共に --report パラメーターを渡すことで生成できます。

$ docker run -v $(pwd)/:/kubeconfig -v $(pwd)/reportdest:/path/to/report -e KUBECONFIG=/kubeconfig/kubeconfig registry.redhat.io/openshift4/cnf-tests-rhel8:v4.8 /usr/bin/test-run.sh --report /path/to/report