18.9.2. 低レイテンシーチューニングデータの収集について

oc adm must-gather CLI コマンドを使用してクラスターについての情報を収集できます。これには、以下を始めとする低レイテンシーチューニングに関連する機能およびオブジェクトが含まれます。

  • Performance Addon Operator namespace および子オブジェクト
  • MachineConfigPool および関連付けられた MachineConfig オブジェクト
  • Node Tuning Operator および関連付けられた Tuned オブジェクト
  • Linux カーネルコマンドラインオプション
  • CPU および NUMA トポロジー
  • 基本的な PCI デバイス情報と NUMA 局所性

must-gather で Performance Addon Operator デバッグ情報を収集するには、Performance Addon Operator must-gather イメージを指定する必要があります。

--image=registry.redhat.io/openshift4/performance-addon-operator-must-gather-rhel8:v4.8.