第2章 OpenShift サンドボックスコンテナーについて

OpenShift Container Platform の OpenShift サンドボックスコンテナーがサポートされることで、追加のオプションランタイムとして、Kata Container を実行するビルドインサポートが追加されます。これは、以下のタスクを実行するユーザーに特に便利です。

  • 特権または信頼できないワークロードを実行する。
  • 各ワークロードのカーネルを確実に分離する。
  • テナント全体で同じワークロードを共有する。
  • ソフトウェアのテストに適した分離とサンドボックスがあることを確認する。
  • 仮想マシン境界を使用して、デフォルトのリソースに含まれるようにする。

OpenShift サンドボックスコンテナーには、さまざまなユースケースに対応するために実行するワークロードのタイプから選択する機能も含まれます。

OpenShift サンドボックスコンテナー Operator を使用して、インストール、削除、更新、ステータスの監視などのタスクを実行できます。

サンドボックスコンテナーは、ベアメタルでのみサポートされます。

Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) は、OpenShift サンドボックスコンテナー 1.0.0 で唯一サポートされているオペレーティングシステムです。

2.1. OpenShift サンドボックスコンテナーの一般的な用語

以下の用語は、本書全体で使用されています。

サンドボックス

サンドボックスとは、プログラムが実行可能な分離された環境のことです。サンドボックスでは、ホストマシンやオペレーティングシステムに悪影響を及ぼすことなく、テストされていないプログラムまたは信頼できないプログラムを実行できます。

OpenShift サンドボックスコンテナーのコンテキストでは、仮想化を使用して異なるカーネルでワークロードを実行し、同じホストで実行される複数のワークロードとの間の対話を強化することでサンドボックスを実現します。

Pod

Pod は Kubernetes および OpenShift Container Platform から継承されるコンストラクトです。Pod とは、コンテナーのデプロイが可能なリソースを表します。コンテナーは Pod 内で実行され、Pod を使用して複数のコンテナー間で共有できるリソースを指定します。

OpenShift サンドボックスコンテナーのコンテキストでは、Pod が仮想マシンとして実装されます。同じ仮想マシンにある同じ Pod でコンテナーを複数実行できます。

OpenShift サンドボックスコンテナー Operator

Operator は、人間のオペレーターがシステムで実行できるアクション、つまり操作を自動化するソフトウェアコンポーネントです。

OpenShift サンドボックスコンテナー Operator は、クラスター上でサンドボックスコンテナーのライフサイクルを管理してタスクを実行します。これは、サンドボックスコンテナーソフトウェアおよびステータスの監視などの操作を処理します。

Kata Container
Kata Container は OpenShift サンドボックスコンテナーの構築に使用されるコアアップストリームプロジェクトです。OpenShift サンドボックスコンテナーは Kata Container と OpenShift Container Platform を統合します。
KataConfig
KataConfig オブジェクトはサンドボックスコンテナーの設定を表します。ソフトウェアのデプロイ先のノードなど、クラスターの状態に関する情報を保存します。
RHCOS 拡張機能
Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) 拡張機能は、オプションの OpenShift Container Platform ソフトウェアをインストールするメカニズムです。OpenShift サンドボックスコンテナー Operator はこのメカニズムを使用して、サンドボックスコンテナーをクラスターにデプロイします。
ランタイムクラス
RuntimeClass オブジェクトは、指定のワークロード実行に使用可能なランタイムを記述します。kata という名前のランタイムクラスは、OpenShift のサンドボックスコンテナー Operator によってインストールされ、デプロイされます。ランタイムクラスには、ランタイムが Pod オーバーヘッド など、動作に必要なリソースを記述するランタイムに関する情報が含まれます。