1.2. 新機能および機能拡張

1.2.1. OpenShift Container Platform での OpenShift サンドボックスコンテナーのサポート (テクノロジープレビュー)

OpenShift サンドボックスコンテナー 1.0.0 テクノロジープレビューリリースでは、追加のランタイムとして Kata コンテナーを実行するための組み込みサポートが導入されています。OpenShift サンドボックスコンテナーを使用すると、ユーザーは追加のランタイムとして Kata コンテナーを選択して、ワークロードをさらに分離できます。OpenShift サンドボックスコンテナー Operator は、Kata コンテナーのインストール、削除、および更新のタスクを自動化します。KataConfig カスタムリソースを記述することにより、これらのタスクの状態を追跡できます。

OpenShift サンドボックスコンテナーは、ベアメタルでのみサポートされます。Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) は、OpenShift サンドボックスコンテナー 1.0.0 で唯一サポートされているオペレーティングシステムです。非接続環境は、OpenShift Container Platform 4.8 ではサポートされていません。

詳細は、OpenShift サンドボックスコンテナーについて を参照してください。