Menu Close

1.4.3.4. Developer パースペクティブ

このリリースにより、以下が可能になります。

  • カスタムパイプラインテンプレートを使用して、Git リポジトリーからアプリケーションを作成およびデプロイします。これらのテンプレートは、OpenShift Pipelines 1.5 以降で提供されるデフォルトのパイプラインテンプレートをオーバーライドします。
  • 認定レベルに基づいて Helm チャートをフィルタリングします。すべての Helm チャートは、Developer Catalog で表示できます。
  • Add ページのオプションを使用して、アプリケーションと関連サービスを作成し、これらのアプリケーションとサービスを OpenShift Container Platform にデプロイします。Add ページのオプションには、Getting started resourcesCreating applications using samplesBuild with guided documentationExplore new developer features が含まれます。
  • パイプラインビルダーでパイプラインを作成するときにワークスペースを使用します。パイプラインにトリガーを追加して、タスクを使用してパイプラインのワークスペースをサポートすることもできます。
  • Developer パースペクティブの Topology ビューで JAR ファイルを使用して、Java アプリケーションをデプロイします。
  • OpenShift Container Platform で複数のイベントソースタイプを作成し、これらのソースタイプをシンクに接続します。OpenShift Container Platform クラスターに Knative サービスとしてデプロイされた機能を取得し、それらをシンクに接続できます。
  • パイプラインの finally タスクを使用して、コマンドを並行して実行します。
  • Add Task フォームのコード支援を使用して、タスクのパラメーター値にアクセスします。パイプラインパラメーターと、その特定のパイプラインパラメーターを参照するための正しい構文を表示するには、それぞれのテキストフィールドに移動します。
  • 特定の条件が満たされた後にのみ Task を実行します。when フィールドを使用してタスクの実行を設定し、when 式への一連の参照を一覧表示します。