1.4.14.2. Descheduler の Prometheus メトリクス

Descheduler をインストールした openshift-kube-descheduler-operator namespace に openshift.io/cluster-monitoring=true ラベルを追加することで、 Descheduler の Prometheus メトリクスを有効にできるようになりました。

以下の Descheduler メトリクスを利用できます。

  • descheduler_build_info: Descheduler に関するビルド情報を提供します。
  • descheduler_pods_evicted: ストラテジー、namespace、および結果の組み合わせごとにエビクトされた Pod 数を提供します。このメトリクスを表示するには、少なくとも 1 つのエビクトされた Pod が必要です。