1.2. 多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。

この作業の一環として、本リリースでは以下の変更を実施しています。

  • OpenShift Docs GitHub リポジトリーmaster ブランチの名前が main に変更されました。
  • 「マスター」から「コントロールプレーン」への用語の置き換えを徐々に開始しています。ドキュメント全体にわたって、両方の用語を使用しているいることにお気づきいただけると思います (「マスター」は括弧で括っています)。たとえば、「…​ コントロールプレーンノード (別名マスターノード)」のように使用しています。今後のリリースでは、これを「コントロールプレーンノード」に更新します。