1.6. 非推奨および削除された機能

以前のリリースで利用可能であった一部の機能が非推奨になるか、または削除されました。

非推奨の機能は依然として OpenShift Container Platform に含まれており、引き続きサポートされますが、本製品の今後のリリースで削除されるため、新規デプロイメントでの使用は推奨されません。OpenShift Container Platform 4.8 で非推奨となり、削除された主な機能の最新の一覧については、以下の表を参照してください。非推奨になったか、または削除された機能の詳細情報は、表の後に記載されています。

以下の表では、機能は以下のステータスでマークされています。

  • GA: 一般公開機能
  • TP: テクノロジープレビュー
  • DEP: 非推奨機能
  • REM: 削除された機能

表1.1 非推奨および削除機能のトラッカー

機能OCP 4.6OCP 4.7OCP 4.8

OperatorSource オブジェクト

REM

REM

REM

Package Manifest Format (Operator Framework)

DEP

DEP

REM

oc adm catalog build

DEP

DEP

REM

oc adm catalog mirror--filter-by-os フラグ

GA

DEP

REM

v1beta1 CRD

DEP

DEP

DEP

Docker Registry v1 API

DEP

DEP

DEP

メータリング Operator

DEP

DEP

DEP

スケジューラーポリシー

GA

DEP

DEP

Cluster Samples Operator の ImageChangesInProgress 状態

GA

DEP

DEP

Cluster Samples Operator の MigrationInProgress 状態

GA

DEP

DEP

OpenShift Container Platform リソースの apiVersion での v1 の使用

GA

DEP

DEP

Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) での dhclient の使用

DEP

DEP

DEP

クラスターローダー

GA

GA

DEP

独自の RHEL 7 コンピュートマシンの持ち込み

DEP

DEP

DEP

AWS EFS の外部プロビジョナー

REM

REM

REM

ビルドの BuildConfig 仕様の lastTriggeredImageID フィールド

GA

GA

DEP

Jenkins Operator

TP

TP

DEP

Prometheus に基づく HPA カスタムメトリクスアダプター

TP

TP

REM

Red Hat Virtualization (RHV) のinstance_type_idインストール設定パラメーター

GA

DEP

DEP

1.6.1. 非推奨の機能

1.6.1.1. Descheduler operator.openshift.io/v1beta1 API グループが非推奨になる

Descheduler の operator.openshift.io/v1beta1 API グループは非推奨となり、今後のリリースで削除される可能性があります。代わりに operator.openshift.io/v1 API グループを使用します。

1.6.1.2. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) での dhclient の使用が非推奨になる

OpenShift Container Platform 4.6 以降、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) は initramfsNetworkManager を使用し、初回の起動時にネットワークを設定するようになりました。この変更の一環として、DHCP の dhclient バイナリーの使用が非推奨になりました。その代わりに、NetworkManager の内部 DHCP クライアントをネットワーク設定に使用します。dhclient バイナリーは、今後のリリースで Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) から削除されます。詳細は、BZ#1908462 を参照してください。

1.6.1.3. クラスターローダーが非推奨になる

クラスターローダーが非推奨になり、今後のリリースで削除されます。

1.6.1.4. ビルドの lastTriggeredImageID パラメーターは非推奨となりました。

このリリースでは、BuildConfig 仕様で設定できる BuildTriggerPolicy タイプの 1 つである ImageChangeTrigger オブジェクトの lastTriggeredImageID が非推奨となりました。

OpenShift Container Platform の次のリリースでは、lastTriggeredImageID のサポートが削除され、これを無視します。次に、イメージ変更トリガーは、BuildConfig 仕様の lastTriggeredImageID フィールドへの変更に基づいたビルドは開始しません。その代わりに、ビルドをトリガーするイメージ ID は BuildConfig オブジェクトのステータスに記録されます。これは、ほとんどのユーザーが変更することはできません。

したがって、buildConfig.spec.triggers[i].imageChange.lastTriggeredImageID を検査するスクリプトとジョブを適切に更新します。(BUILD-213)

1.6.1.5. Jenkins Operator (テクノロジープレビュー) が非推奨となりました。

このリリースでは、テクノロジープレビュー機能であった Jenkins Operator が非推奨となりました。OpenShift Container Platform の今後のバージョンでは、OpenShift Container Platform Web コンソールインターフェースの OperatorHub から Jenkins Operator を削除します。その後、Jenkins Operator のアップグレードは利用できなくなり、Operator はサポートされなくなります。

お客様は、Samples Operator によって提供されるテンプレートを使用して引き続き OpenShift Container Platform に Jenkins をデプロイすることができます。

1.6.1.6. Red Hat Virtualization (RHV) のinstance_type_idインストール設定パラメーター

instance_type_idインストール設定パラメータは非推奨になり、今後のリリースで削除される予定です。