1.10.4.2. バグ修正

  • これまでは、JenkinsPipelineStrategyが定義されたBuildConfigオブジェクトに対して、oc logsが機能しませんでした。今回の更新では、パイプラインビルドでoc logsが動作するようになりました。(BZ#1974267)
  • これまでは、仮想IP(VIP)を保持するKeepalivedコンテナがSIGTERMedと表記されると、VRRPのプロアクティブメッセージが送信されませんでした。その結果、VIPはタイムアウトした後、別のノードに移行しました。今回の更新では、SIGTERMedと示されたVIPを保持するKeepalivedコンテナが、VRRP priority 0のアドバタイズメントメッセージを送信します。その結果、今ではVIPの移行が早くなっています。(BZ#1920670)
  • これまでは、Kameletbindingを使ってアクションシンクのKameletを作成することができましたが、ソースタイプのKameletのみがリストアップされるべきでした。今回の更新により、シンクタイプとアクションタイプのKameletsを選択するオプションが削除されました。その結果、イベントソースのカタログに表示されるのはソースKameletsだけになりました。(BZ#1972258)