Menu Close

1.10.25. RHBA-2022:0484 - OpenShift Container Platform 4.8.31 バグ修正およびセキュリティー更新

発行日: 2022-02-15

セキュリティー更新を含む OpenShift Container Platform リリース 4.8.31 が利用可能になりました。この更新に含まれるバグ修正の一覧は、RHBA-2022:0484 アドバイザリーにまとめられています。この更新に含まれる RPM パッケージは、RHSA-2022:0483 アドバイザリーで提供されています。

このアドバイザリーでは、このリリースのすべてのコンテナーイメージに関する説明は除外されています。このリリースのコンテナーイメージに関する情報については、以下の記事を参照してください。

OpenShift Container Platform 4.8.31 container image list

1.10.25.1. 機能

1.10.25.1.1. Whereabouts CNI プラグインの IP 調整

Whereabouts CNI プラグインの新しい機能拡張により、Kubernetes cronjob として実行される IP 調整ジョブである ip-reconciler が追加されます。以前は、Pod の CNI DEL 要求が終了しなかった場合、Pod の IP アドレスは使用されていなくても割り当てられたままでした。そのような IP アドレスは定期的に収集され、再割り当てできるようになりました。(BZ#2028966)