1.10.13. RHBA-2021:4020 - OpenShift Container Platform 4.8.18 バグ修正の更新

発行日: 2021-11-02

OpenShift Container Platform リリース 4.8.18 が公開されました。この更新に含まれるバグ修正の一覧は、RHBA-2021:4020 アドバイザリーにまとめられています。この更新に含まれる RPM パッケージは RHBA-2021:4019 アドバイザリーで提供されています。

このアドバイザリーでは、このリリースのすべてのコンテナーイメージに関する説明は除外されています。このリリースのコンテナーイメージに関する情報については、以下の記事を参照してください。

OpenShift Container Platform 4.8.18 コンテナーイメージの一覧

1.10.13.1. バグ修正

  • ビルド設定のlastTriggeredImageIDフィールドが非推奨なったため、イメージ変更トリガーコントローラーがビルドを開始する前に ID フィールドをチェックしなくなりました。その結果、クラスタがOpenShift Container Platform 4.7以前を実行しているときに、ビルド設定が作成され、イメージ変更のトリガー開始があった場合、継続してビルドのトリガーを試みていました。今回の更新により、これらの不要なビルド起動の試みは発生しなくなりました。(BZ#2006793)