第5章 レジストリーの公開

デフォルトで、OpenShift Container Platform レジストリーのセキュリティーは、TLS 経由でトラフィックを送信できるようにクラスターのインストール時に保護されます。以前のバージョンの OpenShift Container Platform とは異なり、レジストリーはインストール時にクラスター外に公開されません。

5.1. デフォルトのレジストリを手動で公開する

クラスタ内からデフォルトのOpenShift Container Platformレジストリにログインする代わりに、ルートを使って公開することで外部からアクセスできるようになります。この外部アクセスにより、クラスタ外からルートアドレスを使ってレジストリにログインしたり、ルートホストを使って既存のプロジェクトにイメージをタグ付けしてプッシュしたりすることができます。

前提条件:

  • 以下の前提条件は自動的に実行されます。

    • レジストリー Operator のデプロイ。
    • Ingress Operator のデプロイ。

手順

configs.imageregistry.operator.openshift.ioリソースのdefaultRouteパラメータを使ってルートを公開することができます。

defaultRouteを使ってレジストリを公開するには。

  1. defaultRoutetrueに設定します。

    $ oc patch configs.imageregistry.operator.openshift.io/cluster --patch '{"spec":{"defaultRoute":true}}' --type=merge
  2. デフォルトのレジストリルートを取得します。

    $ HOST=$(oc get route default-route -n openshift-image-registry --template='{{ .spec.host }}')
  3. Ingress Operatorの証明書を取得します。

    $ oc get secret -n openshift-ingress  router-certs-default -o go-template='{{index .data "tls.crt"}}' | base64 -d | sudo tee /etc/pki/ca-trust/source/anchors/${HOST}.crt  > /dev/null
  4. 以下のコマンドを使用して、クラスタのデフォルト証明書がルートを信頼するようにします。

    $ sudo update-ca-trust enable
  5. podmanでデフォルトルートを使ってログインします。

    $ sudo podman login -u kubeadmin -p $(oc whoami -t) $HOST