3.4. RHOSP のレジストリーの設定

3.4.1. RHOSP で実行されるクラスター上のカスタムストレージを使用したイメージレジストリーの設定

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にクラスターをインストールした後に、特定のアベイラビリティーゾーンにある Cinder ボリュームをレジストリーストレージとして使用できます。

手順

  1. YAML ファイルを作成して、使用するストレージクラスとアベイラビリティーゾーンを指定します。以下は例になります。

    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: custom-csi-storageclass
    provisioner: cinder.csi.openstack.org
    volumeBindingMode: WaitForFirstConsumer
    allowVolumeExpansion: true
    parameters:
      availability: <availability_zone_name>
    注記

    OpenShift Container Platform では、選択したアベイラビリティーゾーンが存在するかどうかは確認されません。設定を適用する前に、アベイラビリティーゾーンの名前を確認してください。

  2. コマンドラインから設定を適用します。

    $ oc apply -f <storage_class_file_name>

    出力例

    storageclass.storage.k8s.io/custom-csi-storageclass created

  3. ストレージクラスと openshift-image-registry namespace を使用する永続ボリュームクレーム (PVC) を指定する YAML ファイルを作成します。以下は例になります。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolumeClaim
    metadata:
      name: csi-pvc-imageregistry
      namespace: openshift-image-registry 1
      annotations:
        imageregistry.openshift.io: "true"
    spec:
      accessModes:
      - ReadWriteOnce
      volumeMode: Filesystem
      resources:
        requests:
          storage: 100Gi 2
      storageClassName: <your_custom_storage_class> 3
    1
    openshift-image-registry namespace を入力します。この namespace により、クラスターイメージレジストリオペレーターは PVC を使用できます。
    2
    オプション: ボリュームサイズを調整します。
    3
    作成されるストレージクラスの名前を入力します。
  4. コマンドラインから設定を適用します。

    $ oc apply -f <pvc_file_name>

    出力例

    persistentvolumeclaim/csi-pvc-imageregistry created

  5. イメージレジストリー設定の元の永続ボリューム要求は、新しい要求に置き換えます。

    $ oc patch configs.imageregistry.operator.openshift.io/cluster --type 'json' -p='[{"op": "replace", "path": "/spec/storage/pvc/claim", "value": "csi-pvc-imageregistry"}]'

    出力例

    config.imageregistry.operator.openshift.io/cluster patched

    数分すると、設定が更新されます。

検証

レジストリーが定義したリソースを使用していることを確認するには、以下を実行します。

  1. PVC クレーム値が PVC 定義で指定した名前と同じであることを確認します。

    $ oc get configs.imageregistry.operator.openshift.io/cluster -o yaml

    出力例

    ...
    status:
        ...
        managementState: Managed
        pvc:
          claim: csi-pvc-imageregistry
    ...

  2. PVCのステータスが Bound であることを確認します。

    $ oc get pvc -n openshift-image-registry csi-pvc-imageregistry

    出力例

    NAME                   STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS             AGE
    csi-pvc-imageregistry  Bound    pvc-72a8f9c9-f462-11e8-b6b6-fa163e18b7b5   100Gi      RWO            custom-csi-storageclass  11m