11.6. ノードの調整の防止

skip-node アノテーションを使用して、node-labeller がノードを調整できないようにします。

11.6.1. skip-node アノテーションの使用

node-labeller でノードを省略するには、oc CLI を使用してそのノードにアノテーションを付けます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  • 以下のコマンドを実行して、スキップするノードにアノテーションを付けます。

    $ oc annotate node <node_name> node-labeller.kubevirt.io/skip-node=true 1
    1
    <node_name> は、スキップする関連ノードの名前に置き換えます。

    調整は、ノードアノテーションが削除されるか、falseに設定された後に、次のサイクルで再開されます。