8.8. 障害が発生したノードの解決による仮想マシンのフェイルオーバーのトリガー

ノードに障害が発生し、マシンヘルスチェックがクラスターにデプロイされていない場合、RunStrategy: Always が設定された仮想マシン (VM) は正常なノードに自動的に移動しません。仮想マシンのフェイルオーバーをトリガーするには、Node オブジェクトを手動で削除する必要があります。

注記

インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー を使用してクラスターをインストールし、マシンヘルスチェックを適切に設定している場合は、以下のようになります。

  • 障害が発生したノードは自動的に再利用されます。
  • RunStrategyAlways または RerunOnFailure に設定された仮想マシンは正常なノードで自動的にスケジュールされます。

8.8.1. 前提条件

  • 仮想マシンが実行されているノードには NotReady 状態が設定されている。
  • 障害のあるノードで実行されていた仮想マシンでは、 RunStrategyAlways に設定されている。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされていること。