4.5.2. CLI を使用した OpenShift Virtualization カタログのサブスクライブ

OpenShift Virtualization をインストールする前に、OpenShift Virtualization カタログにサブスクライブする必要があります。サブスクライブにより、openshift-cnv namespace に OpenShift Virtualization Operator へのアクセスが付与されます。

単一マニフェストをクラスターに適用して NamespaceOperatorGroup、および Subscription オブジェクトをサブスクライブし、設定します。

手順

  1. 以下のマニフェストを含む YAML ファイルを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-cnv
    ---
    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OperatorGroup
    metadata:
      name: kubevirt-hyperconverged-group
      namespace: openshift-cnv
    spec:
      targetNamespaces:
        - openshift-cnv
    ---
    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: hco-operatorhub
      namespace: openshift-cnv
    spec:
      source: redhat-operators
      sourceNamespace: openshift-marketplace
      name: kubevirt-hyperconverged
      startingCSV: kubevirt-hyperconverged-operator.v4.8.4
      channel: "stable" 1
    1
    stable チャネルを使用することで、OpenShift Container Platform バージョンと互換性のある OpenShift Virtualization のバージョンをインストールすることができます。
  2. 以下のコマンドを実行して、OpenShift Virtualization に必要な NamespaceOperatorGroup、および Subscription オブジェクトを作成します。

    $ oc apply -f <file name>.yaml
注記

YAML ファイルで、証明書のローテーションパラメーターを設定 できます。