8.18.15. データボリュームのストレージのデフォルト

kubevirt-storage-class-defaults 設定マップはデータボリュームの アクセスモード および ボリュームモード のデフォルト設定を提供します。Web コンソールで、基礎となるストレージにより適したデータボリュームを作成するために、設定マップに対してストレージクラスのデフォルトを編集したり、追加したりできます。

8.18.15.1. データボリュームのストレージ設定について

データボリュームでは、定義された アクセスモードボリュームモード を Web コンソールで作成する必要があります。これらのストレージ設定は、デフォルトで ReadWriteOnce アクセスモードおよび Filesystem ボリュームモードで設定されます。

これらの設定は、openshift-cnv namespace で kubevirt-storage-class-defaults 設定マップを編集して変更できます。また、異なるストレージタイプについて Web コンソールでデータボリュームを作成するために、他のストレージクラスの設定を追加することもできます。

注記

基礎となるストレージでサポートされるストレージ設定を設定する必要があります。

Web コンソールで作成するすべてのデータボリュームは、設定マップにも定義されるストレージクラスを指定しない限り、デフォルトのストレージ設定を使用します。

8.18.15.1.1. アクセスモード

データボリュームは以下のアクセスモードをサポートします。

  • ReadWriteOnce: ボリュームは単一ノードで、read-write としてマウントできます。ReadWriteOnce にはより多様性があり、これはデフォルトの設定です。
  • ReadWriteMany: ボリュームは数多くのノードで、read-write としてマウントできます。ReadWriteMany は、ノード間の仮想マシンのライブマイグレーションなどの、一部の機能で必要になります。

ReadWriteMany は、基礎となるストレージがこれをサポートしている場合に推奨されます。

8.18.15.1.2. ボリュームモード

ボリュームモードは、ボリュームをフォーマットされたファイルシステムで使用するか、または raw ブロック状態のままにするかを定義します。データボリュームは以下のボリュームモードをサポートします。

  • Filesystem: データボリュームにファイルシステムを作成します。これはデフォルトの設定です。
  • Block: ブロックデータボリュームを作成します。基礎となるストレージがサポートしている場合は、 Block を使用します。