11.2. ノードのメンテナンスモードへの設定

Web コンソール、CLI、または NodeMaintenance カスタムリソースを使用してノードをメンテナンス状態にします。

11.2.1. Web コンソールでのノードのメンテナンスモードへの設定

ComputeNodes 一覧で各ノードにある Options メニュー kebab を使用するか、または Node Details 画面の Actions コントロールを使用してノードをメンテナンスモードに設定します。

手順

  1. OpenShift Virtualization コンソールで、 ComputeNodes をクリックします。
  2. この画面からノードをメンテナンスモードに設定できます。 これにより、1 つの画面で複数のノードに対してアクションを実行することがより容易になります。 または、Node Details 画面からノードをメンテナンスモードに設定することもできます。 この場合、選択されたノードの総合的な詳細情報を確認できます。

    • ノードの末尾の Options メニュー kebab をクリックし、Start Maintenance を選択します。
    • ノード名をクリックし、Node Details 画面を開いて ActionsStat Maintenance をクリックします。
  3. 確認ウィンドウで Start Maintenance をクリックします。

ノードは liveMigration エビクションストラテジーを持つ仮想マシンインスタンスのライブマイグレーションを行い、このノードはスケジュール対象外となります。このノードの他のすべての Pod および仮想マシンは削除され、別のノードで再作成されます。