8.17.8.3. CLI での namespace の MAC アドレスプールを再度有効にする

namespace の KubeMacPool を無効にしている場合で、これを再度有効にする必要がある場合は、namespace から mutatevirtualmachines.kubemacpool.io=ignore ラベルを削除します。

注記

以前のバージョンの OpenShift Virtualization では、mutatevirtualmachines.kubemacpool.io=allocate ラベルを使用して namespace の KubeMacPool を有効にしていました。これは引き続きサポートされますが、KubeMacPool がデフォルトで有効化されるようになったために不要になります。

手順

  • KubeMacPool ラベルを namespace から削除します。以下の例では、KubeMacPool を 2 つの namespace ( <namespace1> および <namespace2>) について再度有効にします。

    $ oc label namespace <namespace1> <namespace2> mutatevirtualmachines.kubemacpool.io-