8.18.5.2. CPU およびメモリーのデフォルトの上書き

HyperConverged カスタムリソース (CR) に spec.resourceRequirements.storageWorkloads スタンザを追加して、CPU およびメモリー要求のデフォルト設定とユースケースの制限を変更します。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、HyperConverged CR を編集します。

    $ oc edit hco -n openshift-cnv kubevirt-hyperconverged
  2. spec.resourceRequirements.storageWorkloads スタンザを CR に追加し、ユースケースに基づいて値を設定します。以下は例になります。

    apiVersion: hco.kubevirt.io/v1beta1
    kind: HyperConverged
    metadata:
      name: kubevirt-hyperconverged
    spec:
      resourceRequirements:
        storageWorkloads:
          limits:
            cpu: "500m"
            memory: "2Gi"
          requests:
            cpu: "250m"
            memory: "1Gi"
  3. エディターを保存して終了し、HyperConverged CRを更新します。