7.3. OpenShift Container Platform クライアントコマンド

OpenShift Container Platform oc クライアントは、VirtualMachine (vm) および VirtualMachineInstance (vmi) オブジェクトタイプを含む、OpenShift Container Platform リソースを管理するためのコマンドラインユーティリティーです。

注記

-n <namespace> フラグを使用して、別のプロジェクトを指定できます。

表7.2 oc コマンド

コマンド説明

oc login -u <user_name>

OpenShift Container Platform クラスターに <user_name> としてログインします。

oc get <object_type>

現在のプロジェクトの指定されたオブジェクトタイプのオブジェクトの一覧を表示します。

oc describe <object_type> <resource_name>

現在のプロジェクトで特定のリソースの詳細を表示します。

oc create -f <object_config>

現在のプロジェクトで、ファイル名または標準入力 (stdin) からリソースを作成します。

oc edit <object_type> <resource_name>

現在のプロジェクトのリソースを編集します。

oc delete <object_type> <resource_name>

現在のプロジェクトのリソースを削除します。

oc client コマンドについてのより総合的な情報については、OpenShift Container Platform CLI ツールのドキュメントを参照してください。