13.5. 仮想マシンの正常性のモニタリング

仮想マシンインスタンス(VMI)は、接続の損失、デッドロック、または外部の依存関係に関する問題など、一時的な問題が原因で正常でなくなることがあります。ヘルスチェックは、readiness および liveness プローブの組み合わせを使用して VMI で診断を定期的に実行します。

13.5.1. readiness および liveness プローブについて

readiness および liveness プローブを使用して、正常でない仮想マシンインスタンス(VMI)を検出して処理します。VMI の仕様に 1 つ以上のプローブを追加して、トラフィックが準備状態にない VMI に到達せず、VMI が応答不能になると新規インスタンスが作成されるようにすることができます。

readiness プローブ は、VMI がサービス要求を受け入れることができるかどうかを判別します。プローブに失敗すると、VMI は準備状態になるまで、利用可能なエンドポイントの一覧から削除されます。

liveness プローブは、VMI が応答しているかどうかを判断します。プローブに失敗すると、VMI が削除され、新規インスタンスが作成されて応答性を復元します。

VirtualMachineInstance オブジェクトの spec.readinessProbespec.livenessProbe フィールドを設定して、readiness および liveness プローブを設定できます。これらのフィールドは、以下のテストをサポートします。

HTTP GET
プローブは Web フックを使用して VMI の正常性を判別します。このテストは、HTTP の応答コードが 200 から 399 までの値の場合に正常と見なされます。完全に初期化されている場合に、HTTP ステータスコードを返すアプリケーションで HTTP GET テストを使用できます。
TCP ソケット
プローブは、VMI に対してソケットを開くことを試行します。VMI はプローブで接続を確立できる場合にのみ正常であるとみなされます。TCP ソケットテストは、初期化が完了するまでリスニングを開始しないアプリケーションで使用できます。