10.2. ライブマイグレーションの制限およびタイムアウト

ライブマイグレーションの制限およびタイムアウトを適用し、移行プロセスによる負荷がクラスターにかからないようにします。HyperConverged カスタムリソース (CR)を編集してこれらの設定を行います。

10.2.1. ライブマイグレーションの制限およびタイムアウトの設定

openshift-cnv namespace にある HyperConverged カスタムリソース (CR) を更新して、クラスターのライブマイグレーションの制限およびタイムアウトを設定します。

手順

  • HyperConverged CR を編集し、必要なライブマイグレーションパラメーターを追加します。

    $ oc edit hco -n openshift-cnv kubevirt-hyperconverged

    設定ファイルのサンプル

    apiVersion: hco.kubevirt.io/v1beta1
    kind: HyperConverged
    metadata:
      name: kubevirt-hyperconverged
      namespace: openshift-cnv
    spec:
      liveMigrationConfig: 1
        bandwidthPerMigration: 64Mi
        completionTimeoutPerGiB: 800
        parallelMigrationsPerCluster: 5
        parallelOutboundMigrationsPerNode: 2
        progressTimeout: 150

    1
    この例では、spec.liveMigrationConfig 配列には各フィールドのデフォルト値が含まれます。
    注記

    キー/値のペアを削除し、ファイルを保存して、spec.liveMigrationConfig フィールドのデフォルト値を復元できます。たとえば、progressTimeout: <value> を削除してデフォルトの progressTimeout: 150 を復元します。