4.6. virtctl クライアントのインストール

virtctl クライアントは、OpenShift Virtualization リソースを管理するためのコマンドラインユーティリティーです。これは、Linux、macOS、および Windows ディストリビューションで利用できます。

virtctl クライアントのインストールは、 OpenShift Virtualization Web コンソールからか、または OpenShift Virtualization リポジトリーを有効にし、 kubevirt-virtctl パッケージをインストールして実行できます。

4.6.1. Web コンソールからの virtctl クライアントのインストール

Red Hat カスタマーポータルから virtctl クライアントをダウンロードできます。これは、「Command Line Tools」ページの OpenShift Virtualization Web コンソールでリンクされています。

前提条件

  • カスタマーポータルのダウンロードページにアクセスするには、有効な OpenShift Container Platform サブスクリプションが必要である。

手順

  1. Web コンソールの右上にある question circle アイコンをクリックし、Command Line Tools を選択して、カスタマーポータルにアクセスします。
  2. Version: 一覧からクラスターの適切なバージョンが選択されていることを確認します。
  3. 使用するディストリビューション用に virtctl クライアントをダウンロードします。すべてのダウンロードの形式は tar.gz です。
  4. tarball を展開します。以下の CLI コマンドは、これを tarball と同じディレクトリーに展開します。これはすべてのディストリビューションに適用できます。

    $ tar -xvf <virtctl-version-distribution.arch>.tar.gz
  5. Linux および macOS の場合:

    1. 展開したフォルダー階層に移動し、virtctl バイナリーを実行可能にします。

      $ chmod +x <virtctl-file-name>
    2. virtctl バイナリーをパスにあるディレクトリーに移動します。

      1. PATH を確認するには、以下を実行します。

        $ echo $PATH
  6. Windows ユーザーの場合:

    1. 展開したフォルダー階層に移動し、virtctl 実行可能ファイルをダブルクリックしてクライアントをインストールします。